失敗しない 大腸ESD治療困難例のスキル&テクニック

ISBN 978-4-906829-65-1
販売価格
7,236円(税536円)
購入数

大腸ESDを“絶対に失敗しない”ための技術、コツ、工夫、心得を徹底して解説!

書籍情報

  • 編集者
    斎藤  豊 国立がん研究センター中央病院内視鏡センター長/内視鏡科長
    執筆者
    斎藤  豊 国立がん研究センター中央病院内視鏡センター長/内視鏡科長
    松田 尚久 国立がん研究センター中央病院検診センター長/内視鏡科
    山田 真善 国立がん研究センター中央病院内視鏡科
    中島  健 国立がん研究センター中央病院内視鏡科外来医長
    盍檗’酣掘々駑がん研究センター中央病院内視鏡科
    坂本  琢 国立がん研究センター中央病院内視鏡科
    阿部清一郎 国立がん研究センター中央病院内視鏡科
    大竹 陽介 太田記念病院消化器内科主任部長
    関口 正宇 国立がん研究センター中央病院検診センター/内視鏡科
  • 定価7,236円(本体6,700円+税)
  • B5判/96頁/オールカラー/図274点・表5点/PUR製本
  • ISBN978-4-906829-65-1
  • 発行日:2016年9月10日(第1版)

推薦の言葉

今日においてESDは出血や腸穿孔の合併症を恐れて未だチャレンジングな治療法ととらえられているが、内視鏡的縫合術が進化してくれば、困難な治療ではなくなり、病変を全層切除し、完全縫合するという時代がくるかもしれない。しかしそのような未来においても、ESDという治療手技は大切なのである。本書は、まさに、その途中過程での重要事項の本とも言える。日本人が築き上げた伝統技術のESDという治療手技を伝えていくためにも、後世に残す貴重な一冊と考える。

(医療法人隆風会 藤井隆広クリニック 理事長 藤井隆広先生 「推薦の言葉」より)

本書の特長

  • ESDの中でも最も難しい手技の一つとされる大腸ESDの手順を示すなかで、実践臨床で気づかされる細やかな技術やコツを随所に示し、内視鏡視野に潜む誰もが陥りやすい手技の誤りを的確に指摘し、大腸ESDを“絶対に失敗しない”ための工夫を懇切丁寧に解説しています。
  • また、“失敗しない”ESDの絶対条件としてESD適応の術前診断が最も重要であり、ESD・EMR選択のための術前診断のコツについても、十分に解説しています。困難症例、偶発症対策には多くの内視鏡画像写真が使われ、合併症対策についても詳しく解説されており、ESD以外のPolypectomyやEMRを行う内視鏡医にも大変参考となる工夫も満載で、内視鏡治療医には待望の一冊です。
  • さらに、上級者にしかできない大腸ESD治療の困難症例に対しても、盲腸や彎曲部位や高度の線維化をきたしている遺残再発、超巨大な全周性病変、巨大なIsなど、初級者にも理解できるように写真と図を用いて詳しく解説しています。
  • 執筆陣は、国立がん研究センター中央病院のスタッフで、統一された手技・方法論で解説することで読者に理解しやすいよう配慮しています。採用するESDデバイス・スコープ反転の使用の有無などで施設・流派で若干ESDの方法論に違いが見られますが、“失敗しない”ための基本的処置のコンセプトは同じですので、ESDを極めたいと考えている多くの読者に大いに参考になります。

目次

  • ■ 基本編
    • 第1章 大腸ESDの適応とガイドライン
    • 第2章 大腸ESDの術前診断
    • 第3章 大腸ESD困難例とは?
    • 第4章 大腸ESD─偶発症に対する事前準備 大腸ESD施行前に考慮すること
    • 第5章 大腸ESD─偶発症が生じた場合の対応
  • ■ 実技編
    • 第6章 大腸ESD How to標準(反転→順方向→反転)
    • 第7章 大腸ESD How to 標準(ポケット法/トンネル法)
    • 第8章 大腸ESD困難症例─盲腸LST
    • 第9章 大腸ESD困難症例─線維化症例(中等度〜高度)
    • 第10章 大腸ESD困難症例─彎曲部(DBE/SBEを利用)
    • 第11章 大腸ESD困難症例─遺残再発例
    • 第12章 大腸ESD困難症例─亜全周あるいは全周性病変
    • 第13章 大腸ESD困難症例─大きなIs-villous腫瘍
    • 第14章 大腸ESD困難症例─Anastomosisにかかる症例
    • 第15章 大腸ESD─Don’t do this!(再発例からの教訓)
    • 第16章 大腸ESD─Special technique of complete closure
  • ■コラム
    • ・撤退する勇気
    • ・全層切除 Full Thickness Resection(FTR)
    • ・Underwater EMR
    • ・Precutting EMR/Hybrid ESD
    • ・直腸カルチノイドに対するESMR-L, EMR-C

読者対象

消化器内科、消化器外科、内視鏡科

返品について

返品期限
商品到着後7日以内とさせていただきます。 
返品送料
お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。不良品に該当する場合は当方で負担いたします。 

配送・送料について

ゆうメール/ゆうパック/クリックポストほか
 

支払い方法について

クレジットカード決済

 
銀行振込:ゆうちょ銀行
発送は【ご入金確認後】となりますので、あらかじめご了承ください。 
銀行振込:三菱東京UFJ銀行
発送は【ご入金確認後】となりますので、あらかじめご了承ください。 
商品代引き(ゆうパック・ゆうメール)