ピコ秒レーザー最新治療ハンドブック ―しみ・瘢痕・刺青をここまで治す―

ISBN 978-4-906829-88-0
販売価格
4,860円(税360円)
購入数

エビデンスのある最先端機器を使いこなし、しみ・瘢痕・刺青を綺麗に治す!

  • 著者
    河野太郎 東海大学医学部外科学系形成外科学准教授
  • 定価4,860円(本体4,500円+税)
  • A5判/80頁/オールカラー/図81点・表3点
  • ISBN978-4-906829-88-0
  • 発行日:2018年5月31日(第1版)

本書の特長

  • 皮膚科・形成外科領域におけるレーザー・光・高周波・マイクロ波・超音波治療の開発は目覚しいものがある。
  • レーザーの照射時間における開発の一つは、毛や血管等を標的とした照射時間が長くなるロングパルス化で、今やレーザー治療が脱毛の第一選択となった。もう一つは、メラニンや刺青等を標的とした照射時間が短くなるショートパルス化で、ナノ秒単位のQスイッチレーザー、さらにピコ秒単位のレーザーが開発された。
  • 照射方法でもフラクショナル化によって、従来の面上の治療から点状の治療にすることで、有効性に加え、合併症とダウンタイムを減少させることができるようになった。
  • 本書では、ショートパルス化の最先端機器であるピコ秒レーザーに焦点をあて、1.刺青、2.表在性色素性疾患(しみ・扁平母斑等)、3.真皮メラノーシス(太田母斑・ADM)、4.ざ瘡瘢痕・毛穴の開大・美容的治療、といった対象となる4つの疾患を挙げ、それぞれについて、術前の説明/照射前処置と麻酔/治療の実際/照射後処置/合併症/症例/ピコ秒レーザー治療のまとめ/ピコ秒レーザーの文献サマリー(総説を除く)を共通項目として実際の症例を交え解説した。
  • ピコ秒レーザーは従来のQスイッチレーザーでは到達しえなかった結果や合併症の軽減、適応疾患の拡大が次々と報告されており、複合治療にも最適で、今後の更なる発展が大いに期待できる。

目次

  • 機イ呂犬瓩
    • 1.光とは
    • 2.電磁波とは
    • 3.レーザーとは
  • 供コ発の目的とその歴史
  • 掘ジ什瀘彎音藩僂気譴討い襯┘咼妊鵐垢里△襯團撹奪譟璽供宍ヾ
    • ・PicoSure (R)(サイノシュアー社)
    • ・enLIGHTenTM(キュテラ社)
    • ・PicoWay (R)(シネロン・キャンデラ社)
  • 検ヂ仂櫃箸覆觴栖
    • 1.刺青
    • 2.表在性色素性疾患(しみ・扁平母斑等)
    • 3.真皮メラノーシス(太田母斑・ADM)
    • 4.ざ瘡瘢痕・毛穴の開大・美容的治療
  • 后イ泙箸

読者対象

皮膚科、形成外科、美容外科

返品について

返品期限
商品到着後7日以内とさせていただきます。 
返品送料
お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。不良品に該当する場合は当方で負担いたします。 

配送・送料について

ゆうメール/ゆうパック/クリックポストほか
 

支払い方法について

クレジットカード決済

 
銀行振込:ゆうちょ銀行
発送は【ご入金確認後】となりますので、あらかじめご了承ください。 
銀行振込:三菱東京UFJ銀行
発送は【ご入金確認後】となりますので、あらかじめご了承ください。 
商品代引き(ゆうパック・ゆうメール)