英語で医学論文を書く
―曖昧であった思考を形にする方法―

ISBN 978-4-906829-94-1
販売価格
2,376円(税176円)
購入数

ぼやっとしたイメージを形にするために必要な、従来の英語教育に欠けていたヒントが満載!

書籍情報

  • 著者
    関根郁夫 筑波大学医学医療系 臨床腫瘍学 教授/筑波大学附属病院 腫瘍内科 診療グループ長・総合がん診療センター部長
  • 定価2,376円(本体2,200円+税)
  • A5判/65頁/2色刷/図12点・表15点
  • ISBN978-4-906829-94-1
  • 発行日:2018年11月30日(第1版)

本書の特長

  • 医学の研究や発表を志す方にとって、英語で医学論文を書くことは必須と言えます。書店には、抄録、イントロダクション、方法……というようにそれぞれの項目ごとにコツを解説した医学論文、英語論文の書き方の本が溢れています。
  • しかし最近、日本の若い医師が積極的に英語で論文を書かなくなっている印象があります。単に臨床が忙しいという理由だけではないようです。医学論文を書こうと思っているわけですから、書く内容について何らかのイメージがあるはずですが、それは霞の向こうの風景のようにぼやっとしているため、言葉にするのに意外と時間がかかってしまいます。その、頭の中にあるぼやっとした思考をスムースに形にできれば、滞りなく論文を書けるようになります。
  • 本書は、ぼやっとしたイメージを形にするための方法を主に、英語で医学論文を書くためのノウハウを解説します。自分が書いた文章を追跡し、論理に狂いがないかの確認、さらに、論理的に書くという観点から文法を再考する方法など、従来の英語教育に欠けていた重要点を示します。
  • 実際にどう書いたら良いか分からないという若い医師や、どう指導したら良いか分からないというベテランの医師にとって、本書がヒントとなることを期待します。

目次

  • 機イ呂犬瓩
  • 供ジ生豕蚕僂療験
  • 掘ハ席犬鯑匹爐海
    • 1.総説を読む
    • 2.原著論文を読む
  • 検ナ埆玄圈∈再票圓竜せち
  • 后ハ席犬鮟颪こと
    • 1.英語論文執筆の始まり
    • 2.原著論文の構造
    • 3.文章を論理的に書くこと
    • 4.症例報告の重要性
  • 此ケ儻譴慮饗Г鰺解すること
    • 1.冠詞の意味的カテゴリー
    • 2.不定冠詞カテゴリーとゼロ冠詞カテゴリー
    • 3.定冠詞カテゴリー
  • 察ゲ奮慙席犬諒限里魍悗屬海
    • 1.文の長さ
    • 2.簡潔さと余計な語の除去
    • 3.多義性ambiguity と曖昧さvagueness を避けること
  • 次ヌ榲の設定と目標の数値化
    • 1.英語の総勉強時間
    • 2.リーディング
    • 3.ライティング
    • 4.リスニング
    • 5.スピーキング
    • 6.語彙数

    読者対象

    医師、医学生、医療スタッフ、医療系学生

返品について

返品期限
商品到着後7日以内とさせていただきます。 
返品送料
お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。不良品に該当する場合は当方で負担いたします。 

配送・送料について

ゆうメール/ゆうパック/クリックポストほか
 

支払い方法について

クレジットカード決済

 
銀行振込:ゆうちょ銀行
発送は【ご入金確認後】となりますので、あらかじめご了承ください。 
銀行振込:三菱東京UFJ銀行
発送は【ご入金確認後】となりますので、あらかじめご了承ください。 
商品代引き(ゆうパック・ゆうメール)