NACHAM(ナハム)
日本の児童養護施設と東南アジアの孤児院

ISBN 978-4-906829-80-4
販売価格
1,980円(税180円)
購入数

日本国内のみならず、東南アジアまで足を運び、孤児院のおかれている現状をレポート!

書籍情報

  • 著者
    舘野雄貴
  • 定価(本体1,800円+税)
  • A5判/127頁
  • ISBN978-4-906829-80-4
  • 発行日:2017年7月15日(第1版)

本書の特長

  • 日本国内のみならず、東南アジアまで足を運び、孤児院のおかれている現状をレポートする。日本の孤児院の歴史と児童養護施設の現状調査報告、東南アジアの孤児院の訪問記、日本の児童養護施設の子ども達や施設退所後のアフターケア、東南アジアにおいて孤児やストリートチルドレンの支援活動をしている団体も紹介。

  • 「小さくて美しくもないけど、自分らしい飾れぬ花を咲かそう。」自らを「飾れぬ花」と称し、内向的で臆病者であった著者が、受験戦線を離脱して、のめり込んだボクシング。
  • そんな著者が、児童養護施設の子ども達に関心を抱くようになったきっかけは、WBA世界ライト級タイトルマッチ、畑山隆則選手 vs. 坂本博之選手の試合のワンシーンにあった。幼少期に虐待を受け、児童養護施設で育った過去を持つ坂本選手が最強のチャンピオンに果敢に挑む勇姿と、その彼に声援を送る児童養護施設の子ども達の懸命な姿。そこに著者はそれまでに味わったことのない興奮と深い感動を覚え、これをきっかけに児童養護施設に関わる方々に強い関心を持つようになる。
  • 大学卒業後は、児童養護施設・総合病院・老人保健施設・人工透析クリニックにて働き、親のいない子や被虐待児、病に伏した方・障がいを負った方々に直接関わることととなる。現場で貢献できることを模索しつつも、偽善的な思いなのではと自分に問いかけ続けた葛藤の日々。そうして自分の内面と向き合う中で、児童養護施設の支援をしている方々に取材を重ねた渾身の一冊。

目次

  • 第1章 日本
    • 日本の孤児院の歴史と児童養護施設の現状
    • 児童養護施設関連のNPO法人や支援団体の紹介
  • 第2章 ベトナム
    • 〜ホー・チ・ミン市の孤児院とツーズー病院訪問記〜
  • 第3章 カンボジア
    • 〜孤児・人身売買・エイズ・教育問題〜
  • 第4章 フィリピン・セブ島
    • 〜マザーテレサの孤児院とスモーキーマウンテン〜
  • おわりに

返品について

返品期限
商品到着後7日以内とさせていただきます。 
返品送料
お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。不良品に該当する場合は当方で負担いたします。 

配送・送料について

ゆうメール/ゆうパック/クリックポストほか
 

支払い方法について

クレジットカード決済

 
銀行振込:ゆうちょ銀行
発送は【ご入金確認後】となりますので、あらかじめご了承ください。 
銀行振込:三菱UFJ銀行
発送は【ご入金確認後】となりますので、あらかじめご了承ください。 
商品代引き(ゆうパック・ゆうメール)
代引の場合、代引手数料260円が別途かかります。
また2019年10月1日より265円に値上げとなります。