ここがポイント!がん患者の難治性疼痛の管理

ISBN 978-4-909888-25-9
販売価格
3,080円(税280円)
購入数

[電子書籍]

下記でお求めいただけます。

紀伊國屋書店・機関向け・KinoDen メテオ・メディカルブックセンター

     

がん性疼痛に対する鎮痛薬の上手な選択・使用法と緩和ケアチーム活動の上達法を説く!

書籍情報

  • 著者:川原玲子(がん研究会有明病院 緩和治療科部長)
  • 定価3,080円(本体2,800円+税)
  • A5判/76頁/図12点・表10点
  • ISBN978-4-909888-25-9
  • 発行日:2022年2月5日(第1版)

本書の特長

  • がん性疼痛に対する鎮痛薬の進歩はめざましく、種類も増え鎮痛効果も強力になり投与経路も選べるようになったことで予後が長くなり在宅療養が広まりました。自宅で家族との残された時間を生活の質を保って過ごすためにも、疼痛コントロールの必要性はより高くなっています。
  • 一方で、死に直面した患者さんやご家族の悲嘆が痛み管理を複雑にすることがあり、心理精神的痛みや人生の意味を問うスピリチュアルペインまで守備範囲を広げることも必要です。
  • 本書は麻酔科医・ペインクリニシャンとして長年臨床に従事してきた著者が、鎮痛薬の上手な選択・使用に習熟する方法に加え、病気だけを見るのでなく人をみて診療をする、痛みだけを見るのではなく痛みの原因や対処方法なども包括的にみながら痛みのコントロールを目指す方法について症例を交えて解説します。
  • 併せて、複雑な痛み管理のキャパシティを広げ患者さんの様々なニーズに応えられるよう緩和ケアのスキルアップに繋がるばかりか、医療者間のサポートにも繋がる多職種による緩和ケアチームの活動をブラッシュアップする方法を解説します。

目次

  • はじめに
  • 第犠蓮…砲澆箸蓮,修陵解と評価の困難さ
  • 第蕎蓮ヾ墨促吋▲繊璽爐量魍
  • 第珪蓮‘饉性疼痛へのアプローチ
  •  1.痛みの評価を十分に行う
  •  2.オピオイドの使用法に習熟する
  •  3.神経障害性疼痛の治療に習熟する
  •  4.神経ブロック治療を加味した疼痛管理を行う
  •  5.メサドンと神経ブロックを使い分ける
  •  6.チームアプローチを駆使する
  •  7.積極的治療を組み合わせた疼痛管理を行う
  • 第絃蓮…拘化する疼痛管理のポイント
  •  1.慢性疼痛について知っておく
  •  2.慢性疼痛の知識をがん性疼痛管理に活かす
  •   1)目標設定
  •   2)神経障害性疼痛
  •   3)チームアプローチ
  •   4)オピオイドの用量
  •   5)レスキューの使用法
  •   6)破局的思考
  • 第江蓮‥庫

読者対象

緩和ケアに従事する医師、看護師、薬剤師、ほか医療スタッフ

返品について

返品期限
商品到着後7日以内とさせていただきます。 
返品送料
お客様都合による返品につきましてはお客様のご負担とさせていただきます。不良品に該当する場合は当方で負担いたします。 

配送・送料について

ゆうメール/ゆうパック/クリックポストほか
 

支払い方法について

クレジットカード決済

 
銀行振込:ゆうちょ銀行
発送は【ご入金確認後】となりますので、あらかじめご了承ください。 
銀行振込:三菱UFJ銀行
発送は【ご入金確認後】となりますので、あらかじめご了承ください。 
商品代引き(ゆうパック・ゆうメール)
代引の場合、代引手数料265円が別途かかります。